名古屋で稼ぐときにキャバクラのボーイとデリヘルスタッフの仕事はどちらがおすすめ?

名古屋で男性ができる高収入の仕事といえば、デリヘルの男性スタッフといった風俗求人や、キャバクラのボーイなどがあります。両方とも稼げる仕事ですが、どちらの仕事のほうがより大変なのでしょうか。今回はデリヘルスタッフとキャバクラのボーイの仕事について比較します。

キャバクラのボーイは立ち仕事になるものの短い拘束時間で稼げる

キャバクラのボーイの仕事は、ホール業務がメインです。来店客の案内や注文・給仕などをおこないます。また営業時間前には、店内を清掃したり、テーブルのセットなどをしますが、それを含めて基本的には立ち仕事になります。

キャバクラのしごとのメリットは、拘束時間が短いことです。キャバクラは、19・20時くらいから営業がはじまりますが、法律的には午前1時までしか営業できないので、実質的な拘束時間はそれほど長くありません。また時給も高いので、夜だけの仕事で普通の仕事1日分の給料がもらえます。

デリヘルスタッフは勤務時間が長いものの仕事自体は楽だと感じる人が多い

デリヘルは、ほかの風俗業と違い深夜まで営業できます。そのため、スタッフの平均的な勤務時間は12時間ほどとなり、キャバクラにくらべて拘束時間は長くなります。

ただし、デリヘルスタッフの仕事は、ほとんどがオフィスワークなので、立ち仕事がありません。また、デリヘル嬢の送迎は、専門の送迎ドライバーがおこなうため、デリヘルスタッフは、事務所などから指示を出すだけになります。休憩時間も多いため、拘束時間にくらべて仕事がそこまで大変ではないと感じるスタッフも多く、時間相応の高い給料をもらえるため満足度の高い仕事です。

キャバクラのボーイとデリヘルスタッフには違ったメリットがある

キャバクラのボーイとデリヘルスタッフには、それぞれ違ったメリットがあります。きつくても短時間でガッツリ稼ぎたいならキャバクラを選び、オフィスワークで楽に稼ぎたいならデリヘルスタッフの求人を選ぶとよいでしょう。

関連する記事