風俗の男性スタッフとして面接を受けるときの注意点

名古屋には、風俗の仕事が多くあるため、県外から男女を問わず、風俗求人を求めてくる人は少なくありません。風俗嬢になる場合は、容姿やどんな性的サービスをこなせるかが重要になりますが、男性スタッフの場合は、常識とコミュニケーション能力が重視されます。今回は男性が風俗求人に応募したときの面接について解説します。

ビジネスマナーに沿って面接前の連絡をおこなう

風俗の求人に応募する際には、まず電話かメールで採用担当に連絡することになります。どちらの手段を利用してもいいですが、必ずビジネスマナーに沿った受け答えやメール文面を心がけましょう。

というのも、現在の風俗業界は、ほかの仕事と同じようにビジネスとして運営されており、相手の一般常識やビジネスマナーをもっているかどうかをはかるため、多くの店では面接前の連絡で、応募者がどのような対応を取るのか観察しているからです、

とくに最近では、LINEから応募するという店も増えています。LINEでは、手軽に発信できるぶん、いつも友達とやり取りしている感覚で、ビジネスマナーから外れた文章を書いてしまう危険があるので注意しましょう。

面接では清潔感のある身だしなみで臨み逆質問でしっかり質問する

実際の面接では、身だしなみが重要です。一般的な職業の面接を受けるときと同じように、清潔感のある短い髪型にして、落ち着いた色のビジネススーツを着用するのが無難です。アクセサリーなどはつけず、ヒゲなどもあらかじめ剃っておきましょう。

面接の受け答えでは、志望動機や前職についての話をきちんとできることは当然として、その上で面接官が「なにか質問はありませんか」というような逆質問にしっかり対応できることが重要です。こういったときにしっかり質問ができると、やる気やコミュニケーション能力があると認識されるので、採用確率があがります。

男性スタッフとして風俗の面接を受けるときは一般職と同じような気持ちで臨もう

男性が風俗業界で仕事をするときは、しっかりとしたビジネスマナーやコミュニケーション能力が必要です。面接の際には、風俗だからと考えずに、一般職に就職するつもりで臨みましょう。

関連する記事